日々の暮らしの中で大切なもの


by pf-jazz
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

漢方

c0212691_051589.jpg



アレルギー体質を改善するため漢方薬を飲み始めて2年半が経ちました。
以前よりもずいぶんと落ち着きましたが、まだまだ冷え体質で体温を
上げる処方をしてもらっています。
胃腸が弱く冷えているので毎日の食事も大切になってきます。

今日の診察で漢方の先生から“冬のビール禁止令”がでました。
ビール好きで一年中飲んでいるのでちょっとショックでしたが
健康のためには仕方ないのであきらめることにしました。

でもやはりお酒は飲みたいのでこの冬は“ホットワイン”を飲もうと思います。
さっそくレシピを調べてみたらシナモン、クローブ、オレンジやハチミツなどを
いれてとてもおいしそう。

週末、夫と試してみる予定です。



le sonホームページはこちら→le son
[PR]
# by pf-jazz | 2013-11-27 00:52 | 日々

導く

c0212691_21563331.jpg



『教えないレッスン』〜脳の発達段階に応じた指導法〜
という研修を受けてきました。



0歳児~、3歳児~、5歳児~、7歳児~と
それぞれの年齢の脳の発達に合わせたレッスンをしていくということ。


演奏に必要な能力を育てるために曲を演奏すること以外の
多様な項目を毎回のレッスンでバランスよく取り入れること。


「レッスン中、“こう弾くんだよ”などと答えを言ってはいけない」
「間違いを直すだけのレッスンになってはいけない」
講師はヒントを出し生徒さんが自発的に音楽に向き合うように導くこと。



どの項目もレッスンをしていく上でとても難しいことですが共感できます。
とくに、“導くレッスン” については私の理想です。
 
答えを言うのは簡単ですがそれではいつまでたっても自分で音楽を作り上げて
いけるようにならないことは日頃のレッスンで痛感しています。


“導くレッスン”ができるようになるには講師の柔軟性や幅広い知識やアイデアが求められます。
音楽以外のこともいろいろと必要になってきそうです。


長く講師をやっていますが、指導のプロのお話を聞くと私なんかまだまだです。
もっと経験を積み少しずつ理想のレッスンに近づけるといいなと思います。


まだまだ修行、先は長いです。

le sonホームページはこちら→le son
[PR]
# by pf-jazz | 2013-11-22 21:56 | レッスン

準備中

c0212691_22565244.jpg

11月に行われるアマチュアサックス愛好家のみなさまのライブのバック演奏を
お手伝いさせていただきます。

只今、準備中。シンセサイザーの音色を作ったりストリングアレンジを考えたり…
久しぶりにシンセサイザーと格闘しています。

全19曲。なかなか大変な作業です。


le sonホームページはこちら→le son
[PR]
# by pf-jazz | 2013-10-25 22:57 | 日々

The Melody At Night,With You

c0212691_16203050.jpg



今日は台風接近のため急遽レッスンがお休みになり一日家で
過ごしています。

レッスンが休みでもそれにまつわる仕事がたくさんあって
冬に控えている発表会やコンクールの生徒さんが弾く曲のアレンジや耳コピー、
レッスンで使えそうなネタ探しなどをしています。


一息つきたくて、今の気持ちにぴったりの音楽はないかと
CDラックをあさっていたら、ずっと聴いていなかったアルバムを発見。


キース・ジャレットの『The Melody At Night, With You』


アルバムのジャケットを見ているだけでキースの奏でる
美しいメロディがきこえてきそう…

曲がはじまると、一音一音がやさしく語りかけ、
とてもゆったりと贅沢に流れたかと思うと、ときには熱く、振動しながら、
そして深く、色彩豊かに部屋中を包み込むような感じ。

一曲聴き終えるとすっと心の中が浄化されていくようです。

秋の夜長におすすめの一枚です。


le sonホームページはこちら→le son
[PR]
# by pf-jazz | 2013-10-08 16:23

草間彌生展

c0212691_1101839.jpg


大分市美術館で開催されている『草間彌生 永遠の永遠の永遠』へ行ってきました。


《愛はとこしえ》《わが永遠の魂》《新作ポートレート》《幸福の彫刻たち》と
大きく4つに分けられた草間ワールド。
モノクロの空間をぬけるといきなり目の前に現れるのは白地に赤い水玉の世界。
そして次の部屋では圧倒されるほどのカラフルでエネルギッシュな世界が広がり、
最後には思わず感嘆の声をあげてしまうほどの美しく幻想的な空間に包みこまれます。

ドラマチックな時の流れの中、現実を忘れて草間ワールドを存分に楽しみました。


10月20日(日)まで大分市美術館で開催中です。


le sonホームページはこちら→le son
[PR]
# by pf-jazz | 2013-09-18 01:11 | 日々